中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

あなたの血管年齢測ってみませんか?

パンダ cafe

あなたの血管年齢測ってみませんか?

  「血管年齢」で血管の老化がわかる」

高沢謙治先生著 あなたの「血管年齢」は若返る より

 
 
 私たちの体は年を重ねるとともに新陳代謝の働きが衰えて老化する。年齢にふさわしく老化することは生命としての宿命と言えるだろう。しかし、悪い生活習慣を積み重ねていると体の老化のスピードは速まる。
 血管の老化は体を外から見ただけではわからない。元気そうで肌の艶もよく、姿勢もしっかりしている。そういう人でも血管がボロボロという場合がある。
「血管年齢」が実際の年齢より10歳以上老けている場合は、動脈硬化を起こす生活習慣病の高血圧、糖尿病、高脂血症(コレステロール値、中性脂肪値が高い)などの疑いがあるので、よりくわしい検査を受けるようにしたい。20歳以上老けている場合は、すでに生活習慣病になっている可能性が高い。動脈硬化も進んでいる。
 もちろん「血管年齢」の測定は血圧の測定と同様、緊張したり、興奮した状態では、一時的に高く出るということも認識しておかなくてはならないが、基本的には血管の硬化を反映していると考えてよい。
 
 ところで、血管が老いるというのは、血管の壁が硬くなること、厚くなること、そして血液を通す内腔が狭くなることをさす。いずれのことが起きても血液の通りが悪くなる。通りにくくなった血液を高い血圧で押し出そうとする負担は、血管だけでなく心臓にもかかることになる。心臓にとっては大変な重労働を強いられることにもなる。
 血管の老化を招くのは動脈硬化だ。動脈硬化の原因となる病気が生活習慣病である。
 
 生活習慣病は、カロリーのとり過ぎ(肥満)、動物性脂肪の食べ過ぎ、塩分のとり過ぎなど、食べ過ぎ・とり過ぎが原因となる。また、運動不足や過剰なストレスなども原因となる。まさに体と心のゆとりを失いがちな現代人を襲う病気なのだ。
 とり過ぎて利用されずに余ったコレステロールや中性脂肪は、血管の壁にたまるようになる。それはやがてかたまりをつくる。かたまりは粥腫(じゅくしゅ)と呼ばれるが、最近はプラークと呼ぶことが多くなった。歯についた食べ物のカスがプラーク(歯垢)のもととなるように、血管についたゴミやアカもプラークというわけだ。
 
 プラークのない血管を内視鏡でのぞくと、血管の壁は白くてツルツルした感じで、いかにも血液が気持ちよく流れるだろうなと思える。ところが、プラークができた血管をのぞくと、コレステロールや中性脂肪が血管の壁から黄色く盛り上がっているのが見える。いかに血液の流れが邪魔されているかがよくわかる
 プラークが厄介なの破裂することがあることだ。プラークが破れると、内容物と血液が触れ合うことで血液がかたまって血栓をつくる。血栓が大きければ血管が詰まってしまう。血管が詰まった状態が梗塞だ。心臓の筋肉(心筋)に栄養と酸素を送っている冠状動脈が詰まれば心筋梗塞を起こし、栄養と酸素が届かなくなった心筋は死んでしまう。脳の細い血管が詰まれば脳梗塞を起こし、その血管から酸素と栄養を受けていた脳細胞が死ぬ。
 
 このような「梗塞事故」を起こさないためにも、動脈硬化や生活習慣病を防ぎ、病気になっても悪化させないように改善することが大切だ。生活習慣の改善だけで追いつかないときは薬を飲むことで改善することができる。
 全身の細胞に栄養と酸素を送り届け、細胞から出るゴミ(老廃物)を運ぶ 大切な血管の老化の状態を知り、実際の年齢よりも「血管年齢」が老けている時は、その若返りをはかることがとても大切だ。

沈黙の臓器、血管の状態をつかまえる! 

 血管の状態は、これまでは外から把握できないブラックホールであった。沈黙の臓器といえば肝臓が有名だが、血管も口が堅かった。どんな状態にあるのかをなかなか伝えない。口を開いた時は血管が詰まった時や破れた時など、ギブアップ寸前かギブアップしてしまったあとだ。せっぱつまってからしか音を上げないから慌ててしまう。激しい痛みをともない死ぬかと思う恐怖にもかられる。
 
  沈黙の臓器である血管の状態をよく知りたいということで、世界中の学者が研究にいそしんできた。
 心臓は収縮と拡張をくり返しながら血液を全身に送り出している。収縮と拡張の結果生じるドッキンドッキンという拍動は脈波という波形でつかまえることができる。心臓から出た血液が最初に動脈に出たところで波形がつくられ、その波形が全身に伝わっていく。それをデジタルで管理することにより「加速度脈波加齢指数」を知ることで、その人の血管年齢がわかるようになった。


 「血管年齢」を若返らせる生活の実行を

 これまでは、動脈硬化が始まると血管の老化は進行するばかりで改善されない、つまり、二度と血管が返ることはない、といわれていた。しかし、動脈硬化は改善されること、血管は若返ることがわかってきた。
 おおいに希望を持っていただきたい。そして、気がついた時からでもまだ間に合う。「血管年齢」が若返る生活を実行すれば、その成果はすぐに「血管年齢」の若返り、というかたちで具体的にあらわれる。



























powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional