中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

マイレドック

&size(15){パンダ cafe

マイレドック
指ツボ専用のマッサージリングです

画像の説明

ロシアで生まれた指ツボ専用マッサージリング!

マイレドックは、手の指にはめて指先から根本まで往復させるだけで、手軽に指を刺激し、リフレッシュできるリングです。

指ツボマッサージリング【マイレドック】は、銀とステンレスの合金素材です。ロシアの特殊技術を駆使して作った特殊な「らせん構造」をしています。

伸縮しますので1個で親指から小指まですべての指をまんべんなく心地よく刺激します。いつでもどこでも手軽に指ツボマッサージでリフレッシュ&リラックス!

 「手のツボ」読本

指先の刺激は

いつでもどこでも

自分でできる

健康への第一歩! 

ツボは、頭の先から足先まで体中に存在しますが、
ここでは手のツボについてお話をさせていただきます。

 「経絡」とは?

古くから中医学では、人間の体には、六臓六腑、12のエネルギーの道、すなわち「経絡」があると考えられています。そのうちの半分、6本の経絡のスタート地点は手の指先にあるのです。
では、その経絡の名称をご紹介しましょう。

親 指;<肺 系> 肺や気管支など呼吸系に関連
人差指:<大腸系> 主に大腸の働きに関係
中 指:<心包系> 心臓及び循環器の働きをコントロール
薬 指:<三焦系> リンパ系、ホルモンの働きと関係
小 指:<心 系> 心臓及び血液循環器に関係
    <小腸系> 小腸の働きをコントロール

また、ツボの一つ一つを駅だとすると、経絡は駅を縦横に結ぶ線路のようなものだとお考え下さい。従って、手のツボを刺激することにより、全身のいろいろな場所に効果を及ぼすことが可能となるのです。

 手のツボ刺激の利点は?

★いつでも、どこでも!
最近流行の足ツボ・マッサージは、外出先や会社等で気軽に、というわけにはいきませんが、手のツボなら電車の中でも、会議中でもお待ち合わせの際もどこでもOK!
また、ご家庭ではテレビを見ながら、ラジオや音楽を聴きながら、就寝前にも、指さえ空いていれば可能です。リラックスして手軽に行って下さい。

★誰にでも!
ツボの一つ一つは小さな点であり、その正確な位置は人によって微妙に違いますので、その位置を探り当てることは、長年の訓練と経験を積んだ専門家でないとなかなか難しいものです。しかし、体の他の場所のツボと比べ手・特に指は表面積が小さいのでまんべんなく刺激することにより、例えば『マイレドック』のような器具を使うことで、点であるツボの回りを含む面に対しての刺激になり、一般の方々でもツボの位置を全く気にすることなく簡単にツボ刺激が可能となります。

また、指圧がツボの一点ずつを刺激するのに対し、『マイレドック』は、多点をほぼ同時に刺激することができます。

 左右のツボの位置は?

体のほとんどのツボは左右対称にあり、手のツボも左右対称になっています。ツボ刺激は、両手まんべんなく行って下さい。その上で左右どちらかの指で、より痛みを感じるようでしたら、その指を重点的に刺激して下さい。また、ツボは手の甲側とてのひら側の両方に存在します。

 脳の活性化にも?

哲学者カントの「手は第二の脳である」という言葉が示す通り、指先を刺激することにより脳の働きも活発になります。経絡を通じて脳にも刺激が与えられ、脳内の血流が良くなり、脳細胞のすみずみまで酸素や栄養が行き渡ることにより脳が活性化されるわけです。

脳の活性化は、老若にかかわらずとても大切なことです。「指先の刺激」はまさしく自らの手でできる大脳と身体そして、心の健康への第一歩なのです。

 血圧の調整にも?

血液は、心臓から全身の隅々まで送る動脈系、組織・細胞と物質やガス交換等を行う微小血管系、そして再び心臓へ戻す静脈系から成っています。
微小循環床は、動脈と静脈の間に介在し、指先での微小循環がうまく働かないと血液の流れが滞り、いわゆる「お血」が生じることになります。

そこで指先=末梢神経を刺激することにより、抹消抵抗を減らし、全身の血液の流れを良くするのです。

指先の刺激は、血圧の調整にも効果大!

 その他の症状にも?

頭痛、イライラ、疲労、動悸、息切れ、風邪、咳、歯痛、のどの痛み、便秘、下痢、不眠、疲れ目、かすみ目、手足のしびれ、リウマチ、五十肩、冷え性、スキンケア等、さまざまな症状に効果がみられます。


  注意事項は?

入浴直前・直後、食後30分、運動の後、飲酒の後、高熱がある時は、ツボ刺激をお避け下さい。

ロシアでは、『マイレドック』は心身をリラックスさせストレスを解消させる手段として広く使われています。専門の医師達によって禁煙の補助手段として、またアル中患者の治療システムにも取り入れられています。その他、子供の集中力を高め知的能力を発達させる目的で、また最近では、オリンピック選手のトレーニングと疲労回復のプログラムも採用されています。































powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional