中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

春節

中国的生活
春節

中国的生活

 春節


画像の説明

 家族で祝う中国最大の祝日

 暮らしに旧暦が根付いている中国では、今でも折々の節句を旧暦で祝うのが一般的です。チャイニーズイヤーとして世界に知られる「春節(しゅんせつ)」もその一つ。旧正月にあたる春節は中国の人々にとって一年で一番待ち遠しい祝日で、この時期は国中がお祝いムードに包まれます。

 
 大晦日の夜は、盛り上がりもまた格別。中国では寝ずに年越しをすると“古い年を新年に持ち越すので年を取らない(若い人にとっては両親が長生きする)”と考えられていて、大晦日の夜をとても大切にしています。そのため、夜になると老若男女だれもが外に繰り出し、この日のために用意した花火や爆竹を盛大に打ち鳴らして夜通し楽しむのです。ちなみに、花火や爆竹が許可される期間は春節の前後一週間ほど。この時ばかりは、厄よけや新年の幸福を願って、昼夜を問わず爆竹の音が鳴り響いているそうです。

 さて、一夜明けて新年の朝を迎えると、街は華いだ雰囲気に。赤い紙に縁起のいい言葉を綴った「対聯(ついれん)」や、赤い紙の切り絵「窓花」などが家々の門や窓に飾られ、街中がおめでたい赤色に染まります。
また、北京などの公園や寺院では「廟会」と呼ばれる賑やかな縁日が開かれ、この時期人気のお出かけスポットに。入場料を払って廟会に入ると、広場では獅子舞や伝統舞踊などさまざまな催しが披露され、通りの両側にはずらりと屋台が並びます。これがまた楽しく、切り紙細工やあめ細工、万華鏡や風車など懐かしい遊びを楽しめるお店がたくさん。もちろん屋台ならではの食べ物も魅力たっぷりで、子どもから大人まで、毎年この縁日を楽しみに多くの人が訪れるのだそうです。

 2011年の春節は2月3日。今年もまた、累計で25億人以上もの人が移動するという壮大なスケールの帰省ラッシュが始まり、家族で春節を過ごそうと人々は故郷へと向かいます。

(チャイナビュー NO.146号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional