中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

月経周期異常に周期療法

可愛い赤ちゃんをあなたに
月経周期異常に周期療法

可愛い赤ちゃんをあなたに
画像の説明

月経周期異常に 周期療法

〜 ホルモン療法不調でも一定の効果 〜

月経の周期には個人差があるものの、周期の大きな乱れは機能性子宮出血や無月経、不妊症などの原因となることもあるので注意しなければなりません。月経周期異常に対して、西洋医学ではホルモン療法を用いますが、中国漢方では十数年前に周期療法が開発され、既に婦人科の治療法の一つとして定着しています。

周期を28日とした場合、月経がくる前の3日間(月経前期)や月経第1日目から5日目までの期間は、冠元顆粒や桃紅四物湯、きゅう帰調血飲といった理気活血(気の巡りをよくし、血行を改善する)薬を投与して、月経を促す子宮内膜の剥落を助け、次の周期がくる準備をします。

第6日目〜10目の月経後期は、月経中に失った気血や腎精を補うとともに、剥がれ落ちた子宮内膜の修復を促進することが大切。
婦宝当帰膠や十全大補湯に、杞菊地黄丸のような補腎薬を併用します。

第11日目〜14日目の経間期は、卵胞が成熟し、排卵を抑える時期。排卵を促すため、海馬補腎丸や右帰丸のような補腎薬を重点的に用いるとともに、冠元顆粒やきゅう帰調血飲などの理気活血薬などを少量併用します。

第15日目〜24日目は黄体が発育・成熟し、基礎体温が高温期に移行する時期。腎の陽気を補い黄体の働きを促進するのが最適な治療法で、海馬補腎丸や参茸補血丸などが有効です。

この周期療法によって、無月経や不妊症、子宮出血に悩む多くの女性が救われることになりました。

ホルモン療法でうまくいかなった人にも効果が期待できます。

(健康かわら版 ふきのとう 第17号)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional