中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

栄養療法について

サプリの小部屋
栄養療法について

食べ物で治す栄養療法の驚くべき効果

栄養療法は毎日の食事から始まる

 病気に悩むさまざまな患者に対して、いつでも誰にでも効果があるものなどないー。これはあらゆる治療法に共通して言えることです。しかし栄養療法の場合、ある種のビタミンやミネラルなどの微量栄養素が、多くの患者の悩みを根本から、しかも比較的短い期間で解決している例が少なくありません。

栄養療法は、患者の症状と食生活から摂取している栄養素の関係を調べることから始まります。そして不足している成分を食物やサプリメントで補うことで体全体の栄養バランスを整え、病気を治療し再発を防ごうとする療法です。

食品アレルギーのある患者には、アレルゲン(アレルギーをもたらす原因)となる食物を摂取しないことが積極的な治療法になる場合もあります。アレルギーとさまざまな病気との関係は現在のところまだはっきりわかってはいませんが、この病気が生体の免疫力を低下させ、自然な治癒力を阻害している主犯格のものであることはほぼ間違いないと見られています。

ジョナサン・ライト博士はこの栄養療法の分野で最先端をゆく医師です。タホマ・クリニックを訪れる患者に対して、ライト博士が行う検査のチェックポイントに焦点をあて、栄養療法の特徴をステップごとに見てみましょう。

ステップ1 どんな食事をしているのか
あらゆる病気の元凶として、ライト博士がまずあげるものは「精製された食品類」や「人工調味料」です。具体的には精製された砂糖やパン、加工食品と呼ばれる缶詰や甘味料入りのスナックなどがあります。これらをすべて除外した自然な食事プログラムを進めることから博士の療法が始まります。

博士がこれと同様に強調するのは、現代人に不足ぎみな微量栄養素としてのビタミンやミネラル、アミノ酸などを多く含む食品を小宅の中心に置くことです。つまり、肉より野菜や果物を、しかもできるだけ加工しない食品類を多く摂ることです。白米より玄米を、食パンよりライ麦パンを、そして何よりも肉より魚や新鮮な野菜を。つまり「伝統食」にできる限り近づけることが栄養療法の第一歩とされます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional