中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

肝臓を守るミネラル・ビタミンの話

ワタナベ活性型オイスター
肝臓を守るミネラル・ビタミンの話
肝炎は、肝臓に炎症が起こる病気

肝臓を守るミネラル・ビタミンの話

お疲れのあなた、肝臓がお疲れかも!?

身体に疲労を生じさせる疲労物質がたまると、人は疲労を感じます。乳酸は、疲労物質の代表的なものです。この乳酸が肩にたまると肩こり、筋肉にたまると筋肉痛、頭にたまると頭痛などを引き起こします。
「疲れがたまる」とは、疲労物質(乳酸など)が体内にたまることです。そして「疲れがとれる」とは、疲労物質が除去されることです。

■乳酸は、肝臓だけで処理されます
 
乳酸は、血液が循環している心臓、腎臓、脳、手足などすべての器官でつくられます。これらすべての乳酸は、肝臓に集められ多くの酵素の働きによって分解されます。

疲れをとるポイントはミネラル・ビタミン補給!!

これらの酵素の発生中心・補酵素として働き、肝臓を守り支えている栄養素が、亜鉛・セレン・鉄などのミネラルとビタミンB1・B2などです。
ですから、疲れがとれない時はミネラル・ビタミンが不足していることが多いのです。

ワタナベ活性型オイスターは、ミネラル・ビタミン・天然タウリンなどの栄養素の宝庫です。肝臓をしっかりと元気づけ、乳酸処理に非常にお役に立ちます。

画像の説明


GOT.GPTが高くなるのは、肝臓が傷ついたからです

健康診断などで、肝機能検査数値のGOT.GPT.γーGPTという言葉を耳にすることがあると思います。これらは、肝臓の細胞の中で働いている酵素の名前です。

お酒の飲み過ぎや過労、薬物摂取、またウイルス肝炎などで、肝細胞は傷つき壊されてしまいます。すると、本来肝細胞の中で働いていたGOT.GPTなどの酵素は、傷つけられ開いた肝細胞の穴から、血液中に流れ出てきます。

この時、血液中のGOT.GPT濃度を測定すると、これらの数値は高くなっています。

つまり、肝機能検査数値である血清GOT.GPTの数値が高いということは、肝細胞が傷つき壊れていることを意味します。

■肝臓の細胞が修復されると、GOT.GPT値は下がります

 肝細胞の壊れた部分が修復され、穴がふさがると、肝細胞から血液へのGOT.GPTの流出は止まり、正常状態に回復します。そして、血液中のGOT.GPTが分解されるとこれらの数値は下がります。

つまり、血清GOT.GPT値が低下したということは、肝細胞が修復されたことを意味します。

画像の説明

肝細胞を修復するポイントは、タンパク合成能のアップ(増加)です!

肝細胞はタンパク質でできています。ですから肝細胞の壊れた部分を修復するためには、新しいタンパク質が必要不可欠です。

肝細胞でタンパク質を合成する能力がアップすれば、多くのタンパク質が作られ、肝細胞の壊れた部分は速やかに修復されます。

つまり、肝細胞の修復を促進させるポイントは、タンパクの合成能をアップさせることです。

肝再生とは、肝細胞の死滅で生じた空洞を新しい肝細胞で埋め尽くすことです!

■肝細胞の再生のポイントもタンパク合成能のアップです!

アルコール、薬物などにより繰り返し障害を受け、修復がうまくいかないときは、肝細胞は壊死します。死滅した肝細胞の後には、何も残らず空洞となります。

この空洞の周囲に生き残った肝細胞が分裂・増殖して、空洞を新しい肝細胞で埋め尽くします。このように新しい肝細胞で空洞を埋め尽くすことを「肝再生」と言います。

新しい肝細胞が増殖するためにも、タンパク質が合成されることが必要です。よって、タンパク合成能力が上がれば、多くのタンパク質が増産され、新しい肝細胞を増殖できます。

つまり、肝再生を促進するポイントも、タンパク合成の能力をアップさせることです。

ワタナベ活性型オイスターには、タンパク合成に関与する酵素の働き(活性)をアップさせる亜鉛などのミネラルが、バランス良く豊富に含まれております。

亜鉛が欠乏すると、肝硬変になる恐れあり!

肝細胞が壊れると、その後は空洞になります。この空洞に新しい肝細胞が再生できないと、肝繊維と肝繊維が結合し沈着します。

すると、血液の流れが悪くなり酸素不足、栄養不足に陥り肝臓は硬くなります。そして、慢性肝炎から肝硬変へと悪化してしまいます。

この肝繊維と肝繊維の結合は、リシルオキシターゼという酵素の働きによって行われます。亜鉛はこの酵素の働きを妨げて、肝繊維と肝繊維の結合を阻止します。

もし、慢性肝疾患で亜鉛欠乏を放置しておくと、肝細胞が壊れたあとの空洞に肝繊維が沈着します。この肝繊維が拡大すると肝硬変へと悪化します。

しっかりと亜鉛補給を行い、肝臓の繊維化を阻止したいものです。

あきらめないで下さい。
肝繊維化の原因が除去されれば、肝繊維はなくなり肝臓は再生します!

繊維化が一度できあがると、コンクリートのように硬くなり、元に戻らないような印象を受けます。しかし実際は、繊維化の程度にもよりますが、繊維化を生じさせる原因が除去されると肝繊維はなくなり、かって肝細胞が存在していた部位に新たな肝細胞が作られます。

肝細胞を傷つける原因(アルコール・薬物のとりすぎなど)をひかえて、タンパク合成に必要な亜鉛・マグネシウムなどのミネラル、タンパク質を適切に摂取したいものです。

画像の説明

タンパク質合成のメカニズム

タンパク質は、アミノ酸とアミノ酸が鎖のように長く結合されてできています。

肝細胞でタンパク質が合成されるとき、一つ一つのアミノ酸は、タンパク合成のための鋳型に入り込みます。

アミノ酸とアミノ酸が結合してタンパク質となります。

鋳型から飛び出したタンパク質は肝細胞膜の穴の部分を修復します。この鋳型(mRNA)を作り出す酵素のエンジン部分(活性中心)は、ミネラルの亜鉛で構成されています。

1図のように亜鉛が不足すると、タンパク質合成の鋳型が不足し、タンパク合成が不十分となります。

また、図2のように、幹細胞を修復・再生する時に亜鉛補給を補うと、鋳型を合成する酵素(ポリメラーゼ)の働きは高まり、タンパク質を合成するための鋳型の数が増加します。多くの鋳型があれば、多くのタンパク質が合成されます。そのタンパク質が肝細胞膜の穴をつぎつぎとふさぎ、肝細胞を修復し、また新しい肝細胞を合成するのです。

つまり、幹細胞が修復・再生する時には、亜鉛が必要不可欠な働きをするのです。

なお、アミノ酸の代謝に関係する酵素を助けるかたちでタンパク合成に関与しているのはビタミンB6であり、細胞分裂・増殖に必須なDNA合成を助けているのがビタミンB12です。

画像の説明



オイスター食事療法は、タンパク合成能、肝再生能の増加にお役に立ちます!

ワタナベ活性型オイスターには、タンパク合成に関与する酵素の働き(活性)を高める亜鉛などのミネラル、また、アミノ酸代謝に関与するビタミンB6・ビタミンB12などがバランス良く豊富に含まれております。

オイスター食事療法は、タンパク合成能をアップさせ、幹細胞の修復を促進し、肝再生のお役にも立ちます。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional