中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

認知症




冠元顆粒と認知症
new認知症の予防と対応
 30代から危険ゾーン・認知症予防に切り札!その(4)
 30代から危険ゾーン・認知症予防に切り札!その(3)
 30代から危険ゾーン・認知症予防に切り札!その(2)
30代から危険ゾーン・認知症予防に切り札!
●藤原先生の「認知症にならない暮らしの知恵」冠元顆粒の抗痴呆作用を実験で確認する
●藤原先生のラットを使った研究もご紹介します冠元顆粒と認知症
化痰薬の服用、痴呆症に効果  ●「補腎+活血化女メvで痴呆症予防?

画像の説明
多彩な効き目で注目をあびている冠元顆粒は、認知症においても高い効果を示しています。その研究で有名な福岡大学副学長・藤原先生の研究成果をご紹介します。

認知症の予防・抑制効果が期待される漢方とは

 中高年になると、めっきり物忘れが増え、「認知症」への心配が切実になってきます。高齢化社会の急激な進展に伴い、伴侶や親など、認知症になった身内の介護でご苦労をされている方も多いことでしょう。認知症は、自身のADL(日常生活活動)を著しく低下させるだけでなく、家族へも重い負担を強いることになり、できればなりたくないというのは、みなさん共通の願い。そこで「認知症の予防・抑制効果が期待される漢方」の研究で注目されている福岡 大学副学長で薬学博士の藤原道弘・薬学部教授を訪ね、認知症治療の最前線と、いまからすぐはじめられる改善と予防のためのポイントをお伺いしました。

中核症状と周辺症状の現れ方に違い

 認知症には「アルツハイマー型」と「脳血管型」という代表的な2つのタイプがあります。アルツハイマー型は、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンにβアミロイドが蓄積し神経細胞のアポトーシス(細胞の自死)を引き起こして発症することが知られていますが。なぜβアミロイドが蓄積されるのか、原因はまだ分かっていません。一方、脳血管があちこち詰まって虚血を繰り返すことで、神経細胞のアポトーシスを引き起こすのが脳血管型認知症です。

 認知症の症状としては、記憶や判断力・思考力の低下、失語といった「中核症状」といわれる認知障害と、不眠や暴言、暴力、徘徊といった人格の変化を主な症状とする「周辺症状」があり、神経細胞のアポトーシスの進行に伴い、症状も進行していきます。
 
 アルツハイマー型、脳血管型とも神経細胞死が認知症を進行させているところは共通していますが、両者では中核症状と周辺症状の現れ方に大きな違いがあります。アルツハイマー型では記憶低下などの「中核症状」が先に現れますが、脳血管型では不安やうつ、暴言・暴力といった「周辺症状」が先に現れることが知られています。

 これは、虚血による血流障害が原因の脳血管型認知症の場合、脳に酸素や栄養が不足し周りからダメージが広がるため、周辺症状から先に現れると考えられています。
また、認知症の背景として、アルツハイマー型は生活習慣病との関連、なかでも血流に関連する脳梗塞や糖尿病との併発が多いことも統計的にわかっています。

ポイントはサラサラ血流と抗酸化

 そこで、福岡大学副学長で薬学博士の藤原道弘・薬学部教授は次のように考えました。

「アルツハイマー型にしろ脳血管型にしろ、認知症が生活習慣などに起因した進行性の病気であるということは、生活習慣を改善すればコントロールできるのではないか。双方に共通するアポトーシス、神経細胞死がどうして起こるかを研究すれば、新しい認知症治療薬が開発できるのではないか」と。

 現在、認知症の治療薬は認知障害の「中核症状」については軽症患者用しかなく、暴力や徘徊といった問題行動とされる周辺症状に関しては、対症療法として向精神薬である抗精神病薬や抗うつ薬、抗不安薬が処方されているというのが現状です。

「認知症は周辺症状をいかにコントロールするかが社会的にも大きなテーマになっています。しかし、従来の治療薬は対症療法が主で認知症を引き起こすアポトーシスの進行を抑えることはできませんでした。そこで、病気の原因を元から改善する漢方薬を認知症の改善に応用できないかた考えたのがスタート」と藤原先生は研究のきっかけを語ります。

アルツハイマー型、脳血管型両方の改善が期待される漢方薬

 認知症を引き起こすアポトーシスを抑えるものとして藤原教授が着目したのは、血行をよくする漢方薬でした。アルツハイマー型認知症は脳梗塞や糖尿病を併発しやすく、脳血管型認知症は慢性的な虚血が原因とされています。双方に共通するのは血流の問題、漢方でいう''女レ・'(おけつ)の状態です。いわゆる血液ドロドロの生活習慣が、認知症を引き起こす神経細胞のアポトーシスを促進しているのではないかと考えました。

 認知症の改善が期待できる処方として「釣籐散(チョウトウサン)」や「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」などがあります。藤原教授はそのなかで、血液をサラサラにする作用や、高血圧、心不全などなどの予防効果が高く、抗酸化作用にも優れた「丹参(タンジン)」を主薬とする「冠元顆粒(カンゲンカリュウ)」に注目。虚血によって認知障害にしたラットに与え、記憶障害やアポトーシスの改善効果を調べる研究を行いました。

 結果は、ラットを虚血にする14日前から7日後まで21日間投与したケースでは、記憶障害もアポトーシスも症状はかなり軽くなり、虚血後7日間与えたケースでも記憶障害に有意な改善が見られ、アポトーシスも減らせるということがわかりました。

 また、血液をきれいにし向精神作用のある漢方薬を使い、興奮、徘徊、不眠、攻撃といった認知症の問題行動の抑制効果を調べたラットの研究でも、「冠元顆粒」が有効であることを確認しました。このことは、血流の改善効果が高い漢方薬は、認知症状の予防および改善においても高い効果が期待できるということです。さらに藤原先生は、認知症になってからでも「冠元顆粒」は症状の進行を遅らせる働きが期待できることを研究で明らかにしています。

「これまで、認知障害の中核症状と問題行動の周辺症状に対して同時に効果のある治療薬というものはありませんでした。漢方薬は、動物実験ではそのどちらの症状に対しても改善効果が現れ、その作用機序も確認しました。これは病気の原因を根本から改善する漢方薬ならではの働きです」と藤原教授。

 血液をきれいにし抗酸化作用などにも優れた「冠元顆粒」は、今話題のメタボリック症候群の改善にも使われています。加えて認知症の予防、改善効果も期待できるとあって、漢方薬への注目はますます高まっています。   (毎日らいふ・2008年5月号より)












 
















          

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional