中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

認知症の予防と対応

認知症
認知症の予防と対応

認知症の予防と対応

日本は世界でもトップクラスの長寿国。せっかくですから、なるべく病気をせず、自分の力で元気に長生きしたいものですね。そこで今回は、いつまでもイキイキとした毎日を送れるよう、気になる認知症の予防と対策についてご紹介します。

菅沼 栄先生

画像の説明

腎と活血で、認知症を予防

 年々進む高齢化社会の中で、介護の制度や施設は徐々に充実してきました。とはいえ、老後もできるだけ自分の力で生活を維持できることが理想です。特に、「認知症」は本人にとっても家族にとっても大きな負担になり、だれもが避けたいと思うのではないでしょうか。

 認知症という病名は中医学にはないものですが、「健忘証」「鬱証」「不眠証」「呆証(判断力・思考力の低下)」など、認知障害として考え、予防・対応することができます。

 このような原因は、大きく分けて4つ。まず、血の流れが滞る「血」の状態になると、脳への血流をさまたげることから、痴呆の症状につながります。また、腎は脳の働きと深い関わりがあるため、腎の精が不足する「腎虚」の状態になると、脳の機能低下に。そのほか、脾胃が弱く全身の気血が不足する「脾気虚」、ストレスなどが原因で気が滞る「肝鬱」の状態も、認知症の原因となります。

 西洋医学では大きく「脳血管性認知症(脳血流量の低下)」と「アルツハイマー型認知症(脳の委縮)」に分けられますが、「血」や「腎虚」といった原因から考えても、それぞれ活血(血行改善)、補腎の方法で予防・対応することが可能です。

 少しずつ身体の機能が衰え始める中高年以降は、特に腎や肝、脾といった臓器を養うことを心がけ、認知症の予防につなげましょう。


認知症の予防法をタイプ別にチェック!

中医学の考えでは、認知症は4つのタイプに分けられます。 それぞれ症状には特徴があり、

効果的な予防法も異なります。自分があてはまるタイプを考えて、日頃の生活から認知症の予防を心がけましょう。

■血液ドロドロ「瘀血」タイプ

 年齢を重ねると血液に粘りが出るため、血の流れが滞り

血を生じやすくなります。血は脳への血流をさまたげ、それが健忘や痴呆といった症状を引き起こす原因となります。

 このタイプの主な症状は、物忘れや頭痛、疼痛、手足のしびれ、顔色の黒ずみなど。高血圧、動脈硬化、狭心症、高脂血症、脳血管障害といった症状が見られる人のほか、手術歴や大きな外傷歴がある人などは、このタイプの認知症に注意が必要です。

 血液をサラサラにして流れを良くする「活血」「化」、脳を健やかにする「健脳」などを中心に、予防・対応していきましょう。

主な症状>物忘れ、舌質が暗い、頭痛、顔色の黒ずみ、手足のしびれ

食養生>黒いもの、辛みのあるものなどを意識して摂るようにしましょう。昆布、わかめ、黒酢、山査子、小豆、黒きくらげ、ラッキョウ、黒豆、酒にんにく、たまねぎ、セロリ

■老化が進む「腎虚」タイプ

「老化の進み方の差は、腎虚の進み方の差」と中医学では考えられています。それは、腎は生命を維持するエネルギー源「精」の貯蔵庫となっているからです。

 腎の機能が低下すると、骨や歯がもろくなる、排尿がうまくいかない、 といったさまざまな老化現象が現れます。認知症もその一つ。「腎は精を蔵し、精は髄を生み、髄が脳を維持している」 と考えられているため、腎虚により精が不足すると脳髄も空虚になり、記憶に障害が現れるのです。

 このように、認知症に限らず老化現象を予防するためには、腎を養う「補腎」、精を増やす「益精」が大切。老化をなるべく穏やかにして元気な身体で老後を過ごすよう、日頃からの対応を心がけてください。

主な症状>健忘、腰痛、めまい、聴力の減退、脱毛、歯が弱い、夜間の頻尿

食養生>味のしっかりしたもの、動物性のものなど、補腎の効果がある食べ物を。きのこ類、クコの実、白きくらげ、にら、くるみ、スッポン、黒ごま、松の実、うなぎ、霊芝茶

■エネルギー不足「脾気虚」タイプ

 脾胃は「気血」を生む源。脾気が身体に栄養を運び、その栄養から血が生まれます。そのため、脾胃が弱くなると全身の気血が不足し、五臓六腑はもちろん、脳の機能も低下してしまうのです。

 胃が弱い人、慢性疾患や老化などで体力が落ちている人などは、このタイプの認知症に注意が必要です。脾を強くする「健脾」、気や血を養う「益気」「補血」、 脳を健やかにする「健脳」をポイントに日頃の養生を

心がけましょう。

主な症状>食欲不振、息切れ、疲労、不眠、健忘、風邪をひきやすい

<食養生>甘みのあるもの、補う効果のあるものを中心に食材選びを。栗、米、麦、ライチ、ぶどう、いんげん豆、にんじん、りんご、豆腐、湯葉、大豆製品

■ストレスが多い「寒鬱」タイプ

 肝は新陳代謝をコントロールする大切な臓器。

この機能がうまく働いていると、全身にきれいな清気(酸素)がいきわたり脳の働きも活発になります。

 肝鬱タイプの認知症は、ストレスで肝の機能が減退し、気の流れが滞ることが原因に。また、気滞の状態が長く続くと「血」につながることもあります。老化への不安がストレスになるケースも多く見られますが、老化はだれにでも訪れるもの。あまり神経質にならず、上手に付き合っていきましょう。   

主な症状>情緒の不安定、憂鬱、イライラ、胸脇張満、不眠、悪夢、集中力の低下

<食養生>香りの良いものなどでストレスを発散し、気の流れをスムーズに。

しそ、ハマナス、菊花などのお茶、びわ、はと麦、どくだみ、冬瓜、トマト、きゅうり、みかん、緑豆

(チャイナビュー 120号より)


*この記事が紹介されている「チャイナビュー」を差し上げます。お気軽にお問い合わせください。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional