中国漢方であなたの恋を応援します!中国漢方の周期療法で可愛い赤ちゃんをあなたに・・・。中国漢方であなたの心と体の健康を応援します!

Dr.叢血液健康学

Dr.叢血液健康学

Dr.叢のいきいき元気

血液健康学

画像の説明

北京首都医科大学中医学教授  叢 法滋(そう ほうじ)先生

血液が汚れれば、健康も未病に未病も病気に
「未病を治す」その第一歩はバランスのとれた食事から
糖尿病の予防と治療は、血液・血管の健康管理から  ●「お血は百病の源」 
からだの中のおけつをなくし、脳と心臓を守る ●先んずれば病気を制す中医の知恵“既病防変”
 ●女性に多い冷え症対策は補虚活血で
ガン対策は血液をきれいにして免疫力を高めること  ●ガンの増殖転移の鍵は血液にあった  ●ガンの合併症血栓と出血にご用心  ●ガンを防ぐ知恵。早期発見のポイント ●免疫力を高めて、ガンを防ぐ、治す


正気を強め、身体の免疫力で病気を予防する!

中医学(ちゅういがく〜中国の伝統医学)では、病気にかかった人々を治療することよりも、むしろまだ病気にかかってはいないが半分病気の状態(これを中医学で「未病(みびょう)」という)の人々を治すことがより大切であると説いています。このシリーズでは、ストレスの多い現代社会で、自分では気づかぬままに健康のバランスを崩している方々の健康に役立つ内容をシリーズでお届けします。

病気になってからでは遅すぎる

 2000年も前の中国最古の医学書と伝えられる「皇帝内経」には、次のように書かれています。

「聖人とは、すでに病気にかかっている人は治療しない。完全に病気になってしまう前に治療するものである。これは例えば、反乱がおこる前に鎮めてしまおうということである。病気になってから薬を与えるということでは遅すぎる」

つまり、病気にかかった人を治すより、病気になるかもしれないような状態(中医学では「未病」という)の人を治すのが名医とされています。まず病気にかかる前に防ぎ、既に病気にかかってしまっている場合は悪化することを防ぐ、これが中医学の一貫した考え方です。上手な医者こそ未病を治すものだと強調される所以です。

身体と精神、快調ですか?

 健康と疾病は、人生において直面する、二つの大きな問題です。
では、健康とはどういうことなのでしょう。世界保健機構(WHO)では「アルマータ宣言」の中で、こう示しています。

「健康とは、単に疾病が無いことに限らず、身体と精神が社会上で完璧な状態にあることを指す」。

この健康に対する新しい認識から、積極的に疾病を予防しようという動きになってきたのです。
健康と疾病の間には、はっきりした境界線はありません。健康そうに見えても、本人には自覚がないだけで、内部に病気になる原因が隠されているかもしれないのです。

邪気を防ぐ正気を養おう

 現在、社会に見られる多くの疾病には、早期の臨床的症状がありません。例えば早期の糖尿病では、血糖値が高い傾向を示したり、グラフに耐糖能障害が表れたりするだけです。これを非健康状態といい、健康と疾病の間の状態を「第三状態」といいます。日本の糖尿病患者は約400万人、血糖値が高い、または耐糖能障害の傾向がある人は約1200万人に達しているといわれ、それだけ第三状態の人が多いのです。

こういう人には、第三状態から糖尿病にまで悪化させないように、「未病先坊」が必要になります。例えばガンは、症状が現れると末期である可能性が大きいため、早期発見、早期治療、早期予防が大切といわれているのはそのためです。

最近では多くの疾病が不規則な生活習慣から生じることが分かりました。例えば、喫煙、節度のない飲酒、麻薬、薬物の濫用、過食、肥満、異常性行為及び生活リズムの乱れ、運動不足等は疾病の原因、あるいは誘因となります。今の社会では、自ら健康、養生に注意を払い、病気を未然に防止することが重要なのです。

中医学の疾病観では、病気にかかる一つの要因は「邪気(じゃき)」とされています。それに相対するのが、人体中の抗病能力の「正気(せいき)」です。疾病とは、正気と邪気の戦いのようなものです。

人体の正気の重要性が強調されるのは、身体の中に正気があれば、邪気の侵入を防げる、とする考え方が基になっています。

 疾病とは、身体の一部の器官の組織と働きが異常な状態にあるためで、それが身体全体の機能の不調につながります。特に、人体内部の抗病能力と自分自身で健康のバランスをとり、安定状態を保つ能力、それに「扶正去邪(ふせいきょじゃ)」(自分自身が持っている正気が強ければ、邪気を追い払うことができる)が必要とされます。そこで養生によって、身体の免疫力を高めて、疾病の発生を予防することが大切なこととなるのです。

 次号から養生法についてお話しします。

                            (週刊読売 1999年4月11号掲載より)










































powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional